化粧品の無添加とは?

化粧品の無添加とはどういうことでしょう

最近の健康志向、自然ブームのなかでよく化粧品や育毛剤などで「無添加」という言葉を聞きます。

 

「無添加」とはどう言う意味かといいますと、今まで通常入っていた、界面活性剤、合成色素、
防腐剤などの本来自然には存在しない化学合成された成分が、含有していないということです。

 

主に天然由来の成分を使用しているということになります。

 

特にアレルギー体質の人にとっては、微量の化学合成成分があっても、害になることもありますので、
できるだけ注意が必要です。

 

しかし何が何でも化学合成成分がダメだというわけではありません。
防腐剤が入っていればそれだけ使用期限が長くなります。
国の使用基準をクリアしていれば、すぐに害になるというわけではありません。

 

でもやはり「無添加」という言葉を聞くと、良いように感じて惹かれてしまいます。
自分の体質と嗜好にあったものを選ぶことが重要です。